派遣とアルバイトの違いとは?雇用形態の特徴とメリットを比較!

公開日:2024/03/15  最終更新日:2023/09/05


派遣とアルバイト、両者の雇用形態は多くの人にとって馴染み深いものですが、その特徴やメリットには大きな違いが存在します。本記事では、派遣とアルバイトの違いを詳しく解説し、それぞれの雇用形態が持つ利点を比較検討します。それぞれの雇用形態がどのような場面で適しているのか、キャリアにどのような影響があるのか見ていきましょう。

派遣とアルバイトの働き方の違い

派遣とアルバイトの働き方にはそれぞれ異なる特徴があります。両者の違いを詳しく見ていきましょう。

派遣の働き方

派遣は登録した派遣会社から就業先を紹介され、合意した場所で働きます。雇用主は派遣会社で、業務指示は派遣先の企業から出されますが、給与は派遣会社から支給されます。派遣の働く期間は3年が限度で、求人には専門性や未経験歓迎のものがあります。

派遣の特徴として、勤務時間や場所、雇用期間を自分のライフスタイルに合わせられる点があります。派遣の就業形態には「登録型派遣」と「常用型派遣」があり、登録型派遣は派遣先ごとに雇用契約を結び、派遣期間終了で雇用契約も終了します。

一方、常用型派遣は派遣会社と期間を設けずに契約され、派遣期間終了後も雇用関係は続きます。

アルバイトの働き方

一方、アルバイトは自分で選考を受けて希望する場所で働きます。勤務条件の相談や業務指示、給与は雇用主の企業から受けます。アルバイトの働く期間は期間限定や短期間のものもあり、未経験からでも応募可能な求人が多いです。

アルバイトは複数の仕事を掛け持ちして収入アップを図ることも可能です。アルバイトの求人は専門性が高くなく、未経験者向けのものが多いため、様々な仕事に挑戦できます。将来の仕事探しのために経験を積むうえで、アルバイトは適しています。

派遣とアルバイトの働き方はそれぞれ異なる特徴を持っており、自分のライフスタイルやキャリア目標に合わせて選択できるでしょう。

派遣とアルバイトの福利厚生の違い

派遣とアルバイトの福利厚生には以下の違いが見られます。

派遣の福利厚生

・法定福利厚生

派遣スタッフは社会保険に加入できます。健康保険や厚生年金保険、雇用保険、労災保険などが該当します。また、介護保険も40歳以上の場合に適用されます。有給休暇や産休・育休も条件を満たすと取得でき、健康診断も受けることが可能です。

・法定外福利厚生

派遣会社が提供するスポーツ施設の利用やスキルアップ講座の受講があります。また、ストレスチェックも行うことができる場合もあります。さまざまな活動を通じてスキル向上や健康促進を図る機会があります。

・同一労働同一賃金

2020年4月から導入されたこの制度により、派遣スタッフも正社員と同等の福利厚生施設を利用できるようになりました。これまで正社員だけが利用できた施設(食堂や更衣室)も利用可能となりました。

アルバイトの福利厚生

・法定福利厚生

アルバイトも法定福利厚生の対象です。健康保険や厚生年金など社会保険の適用を受けることができます。有給休暇の取得も可能ですが、勤務先の規模や契約期間によっては適用外の場合もあります。

・法定外福利厚生

一部の企業では住宅手当や通勤手当などの法定外福利厚生を提供しています。ただし、正社員やその家族を対象にすることが多いです。同一労働同一賃金の考え方に基づけば、雇用主は、アルバイトも正社員と同等の待遇を認める必要があります。

派遣とアルバイトの福利厚生は、法的な要件や企業ごとの方針によって異なる要素を持っています。従業員としての権利や待遇を理解し、自身の働き方や選択に合わせて最適な選択をすることが大切です。

派遣とアルバイトのメリット・デメリットの違い

派遣とアルバイトの雇用形態には、それぞれ異なるメリットとデメリットが存在します。

派遣のメリット・デメリット

派遣のメリットは、専門的なスキルを活かす機会があることです。派遣会社を通じて、一定期間のプロジェクトや業務に従事することで、自身の専門知識を活用できます。また、多くの場合、社会保険や有給休暇などの福利厚生が提供されるため、安心感があります。

しかし、派遣のデメリットは、雇用の安定性が低いことです。プロジェクト終了後に次の仕事を見つける必要があり、長期的な安定感に欠ける点が挙げられます。

アルバイトのメリット・デメリット

一方、アルバイトのメリットは、柔軟な働き方ができることです。特に学生や副業を持つ人にとって、時間の融通が利くため、生活の多角的なニーズに対応しやすいです。また、異なる職種や業界の経験を積むことができるため、キャリアの幅を広げるチャンスともなります。

しかし、アルバイトのデメリットは、収入の不安定さです。時給制の場合、労働時間が限られているため、安定した収入を得ることが難しいことがあります。

選択肢の基準としては、自身のスキルや経験、働き方の希望、収入の安定性などを考慮することが重要です。また、派遣とアルバイトの両方には、職場環境や人間関係なども影響するため、慎重に検討することが大切です。

まとめ

派遣とアルバイトは、働き方や福利厚生において異なる特性を持ちます。派遣は専門スキルを活かすチャンスや福利厚生がありますが、雇用の安定性が低く、異なる職場での適応が求められます。一方、アルバイトは柔軟な働き方や異なる経験の積み重ねが可能ですが、収入の安定性が難しく、福利厚生も限られています。それぞれの選択は、スキルや生活スタイル、安定性を考慮した慎重な判断が求められます。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

佐賀県の中東部に位置する佐賀市は、豊かな自然に囲まれています。北部には緑豊かな山々が広がり、南部には日本最大の干潟を有する有明海があります。 落ち着いた環境でありながら、隣接する福岡県中心地
続きを読む
「佐賀市って稼げるの?」 「九州のなかで佐賀市は何番目に時給が高いんだろう」 時給は、地域はもちろんのこと、職種や経験、スキルによって変わってきます。もちろん、雇用形態によっても変動するでし
続きを読む
派遣とアルバイト、両者の雇用形態は多くの人にとって馴染み深いものですが、その特徴やメリットには大きな違いが存在します。本記事では、派遣とアルバイトの違いを詳しく解説し、それぞれの雇用形態が持
続きを読む